NHK大河ドラマ「西郷どん」劇中で島津薩摩切子が使用されました。

NHK大河ドラマ「西郷どん」4月8日放送の第13回「変わらない友」では、

島津斉彬と西郷吉之助が薩摩切子で酒を酌み交わすシーンに、

島津薩摩切子が使用されました。

「西郷どん」には、鹿児島ロケや情報提供、商品貸出など様々な形で

島津興業・薩摩ガラス工芸も協力しています。

今回使用されたのは復元「酒瓶 玉露」と「脚付杯(中)」。

酒瓶は、酒の保管ではなく食卓に供するための“デカンタ”。

脚付杯(中)は、まだ外国を見たことのない日本人が作ったワイングラスです。

いずれも江戸時代頃の薩摩切子の復元品で、日本の伝統的な食卓のものというよりは、むしろ西洋の食事のスタイルに合うようなアイテムです。斉彬が外国との交易を視野に入れて開発したのではないかと、想いを馳せてしまいます。

劇中では色とりどりの猪口(大)も映っていました。

 

番組ホームページの「週刊 西郷どん」では、江戸藩邸セットの様子や、島津興業から提供した情報を基に作られた小道具などもご覧いただくことが出来ます。

https://www.nhk.or.jp/segodon/weekly/19/

2018年5月 工場定休日のご案内

薩摩切子の製造工場は、以下日時を2018年5月の工場定休日とさせていただきます。

*****************

 1日(火)

 7日(月)

14日(月)

20日(日)

21日(月)

28日(月)

*****************

大変申し訳ございませんが、上記の日時は工場での製造工程は御覧頂くことができません。

隣接する島津薩摩切子ギャラリーショップ磯工芸館は、工場定休日も営業しています。

製造工程のプロモーション動画を御覧頂くことができますので、ぜひ御覧ください。

丸井今井札幌 展示会のごあんない

期間:3月28日(水)~4月10日(火)
会場:丸井今井札幌本店(札幌市中央区南1条西2丁目)
   一条館7階 特選和食器
 
今回出品するニューイヤーカップは、“つぼみタンブラー”と称する柔らかな丸みを帯びた形状を特徴としたグラスです。期間限定・販売店限定の企画商品で、札幌では初お披露目となります。
これ以外にも、天開猪口や豆小皿といった企画品や、大物の酒瓶、大皿、もちろん猪口(大)や冷酒グラスなどの人気商品を取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

FIAT ウェブマガジンで島津薩摩切子が紹介されました(“お知らせ”)

イタリアの自動車メーカーFIATが発行するWEB MAGAZINE“CIAO!”、

およびFIAT×MADE IN JAPAN PROJECTにて、島津薩摩切子が紹介されました。

FIAT WEB MAGAZINE“CIAO!”

http://www.fiat-auto.co.jp/ciao/?p=9929

FIAT×MADE IN JAPAN PROJECT

http://www.fiat-auto.co.jp/mijp/

FIATは、日本に息づく優れた伝統工芸の技術や、職人の「ものづくり」に向き合う姿勢が、FIATの理念と共感できるとして、MADE IN JAPAN PROJECTとのコラボレーションで日本の伝統工芸品を紹介しています。

今回は、百余年途絶えていた薩摩切子を復元し、新たな発展へと挑戦し続ける島津薩摩切子がフィーチャーされています。

日本橋三越 第18回鹿児島展出展のごあんない(“お知らせ”)

日本橋三越で開催される第18回鹿児島展に、島津薩摩切子が出展いたします。

 

日時:3月14日(水)~19日(月)

10:30~19:30(最終日は18時まで)

会場:日本橋三越本店 本館7階催物会場

( 東京都中央区日本橋室町1-4-1)

思無邪「雷杯」(らいはい)墨黒

思無邪「オンザロックグラス」墨黒

今回は、まだ定番品ではない新シリーズの思無邪シリーズ(墨黒、真珠白)や、ニューイヤーカップなど、多彩な商品をラインナップ致します。

2016年からはじまり、コレクターズアイテムとして人気の高いニューイヤーカップについては、2017年の アイテムも限定1点ずつ販売いたします。

是非この機会に集めてみてはいかがでしょうか。

(2017年のニューイヤーカップの予約注文は承りません。

 1点限りの販売です。悪しからずご了承ください。)

 

第14回鹿児島展 http://www.mitsukoshiguide.jp/kagoshima/