熊本鶴屋 「現代・陶芸とガラス工芸展」のご案内

会期;11月18日(水)~11月24日(火)

会場;熊本鶴屋 本館8階 美術画廊

*特集;復元30周年を迎えた薩摩切子作家 中根櫻龜作品

 

茶の湯の伝統の世界を歩む文化勲章受章者の十代・大樋長左衛門氏をはじめ、創意と

オリジナリティ豊かな作品や気鋭の次世代作家の花入、茶碗、陶額、さらに進化を遂げる

石田亘氏・征希氏・知史氏の鋳込みガラス(パート・ド・ヴェール)の茶碗、蓋物、香合

などを一堂に展観いたします。

本展には薩摩切子の第一人者、中根櫻龜の作品も出品致します。

是非この機会にご高覧賜りますようご案内申し上げます。

img-Y11183722-0001