3 / 1512345...10...最後 »

世界文化遺産登録勧告決定!

既に報道でご承知の方も多いかと存じますが、5月4日ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」より『明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域』について、推薦案件の名称を『明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業』と変更したうえで、世界遺産一覧表への「記載が適当」と勧告がなされました。

イコモスの勧告を受け、6月下旬からドイツでひらかれるユネスコ世界遺産委員会において世界遺産一覧表記載可否について審議がなされます。

 

鹿児島磯地区の仙巌園にある反射炉を中心とした『旧集成館』および『旧集成館機械工場(尚古集成館 本館)』もその構成資産の一つです。

これらは、幕末、欧米列強に対抗するため、薩摩藩第28代藩主島津斉彬が始めた集成館事業の遺産です。鎖国で外国人から直接技術指導を受けられない時代であったにもかかわらず、わずかな資料を頼りに、当時日本にあった様々な技術を応用することで、磯地区にアジア初の近代洋式工場群を築いたのです。

 

実は、薩摩切子もこの集成館事業の一つとして誕生しました。

斉彬は、欧米列強に対抗するためには軍事力の増強だけでなく、国力を豊かにすることが重要だと考えました。そして、紡績、薩摩焼、薩摩切子等の製造やガス灯の実験といった社会インフラにも力を注いだのです。その考え方は「富国強兵」という言葉で後の明治政府にも受け継がれ殖産興業政策に繋がっていきました。

 

今年は期しくも島津薩摩切子復元30周年。集成館事業により薩摩切子が誕生した当時の、職人たちの苦労や情熱に想いを馳せて薩摩切子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

島津薩摩切子復元三十周年記念事業マスコミ発表

本日4月21日、薩摩ガラス工芸横にある旧芹ヶ野金山事務所にて、島津薩摩切子復元三十周年記念事業に関するマスコミ発表を開催いたしました。

 

まずは株式会社島津興業代表取締役社長 葉山薫が報道各社の皆様にご挨拶致しました。

写真中央は薩摩切子作家の中根櫻龜です。

DSC_0119(圧縮)

会場には座席が全て埋まる程の大勢の記者・カメラマンの方々にお越し頂きました。

DSC_0120(圧縮)復元三十周年事業概要の発表の後、成形(ガラス生地を作る工程)と加工(カットや磨きの工程)の職人も参加して質疑応答がなされました。復元三十周年記念のメモリアルアイテムである“菊花文六色六段重”や新シリーズ“モノクロシリーズ”は特に目を惹いていたようで、発表会終了後も記者の方々から多くの取材を受けていました。

DSC_0149(圧縮)

ちなみに、写真中央で職人が手にしているのは、モノクロシリーズの新色・オパールのタンブラーで、2016年3月に全国限定40セット(薄墨黒とオパールのセット)販売予定です。

 

本日発表した復元三十周年記念事業の概要は、5月1日に開設される特設ホームページにてご案内申し上げます。

 

 

 

 

 

テーブルウェア・フェスティバル2015レポート

今年もテーブルウェア・フェスティバルの季節がやって参りました。

弊社は、鹿児島県が出展している「用と美を誇るかごしまの工芸品」のブースで販売しており、本格的な出店は今年が3年目になります。

DSC_1311

昨年御好評頂いた「煌きの食卓」での展示内容をベースにしております。黄色をセンターに、両脇にはベースとなる6色(麦酒器で表現)、二色被せ(ルリ金・蒼黄緑)に加え、日本人の心に馴染みのある藍色を配しました。

ここでは展示だけでなく販売も行っております。展示しているアイテムの異なる色もご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

テーブルウェア・フェスティバルの会場においては、通常関東地区で販売していない商品もご用意しております。

①切子雛…オブジェ風の飽きのこないデザインが人気です。

②脚付タンブラー島津紫…2014年度30点限定の商品で、今回が関東地区最後の販売です。

③梅吉Ⅱ…毎年好評頂いている二色被せの盃です。今年からデザインが変わりました。

(梅吉Ⅱは完売しました)

 

2月2日には、薩摩切子作家・中根櫻龜によるアリーナスタジオトークイベントも開催されました。薩摩切子復元にまつわるエピソードから実際に薩摩切子を使用する際の一言アドバイス、復元30周年に向けてのお知らせなど話は多岐にわたり、沢山の方々にお越し頂きました。

30分という限られた時間ではございましたが、島津薩摩切子のことを知っていただく良い機会だったのではないかと存じます。

 

なお、今年は鹿児島県のブース以外の展示にも弊社のアイテムを貸出しています。

 

1.「琳派400年の系譜と新時代の京焼・清水焼」

DSC_1339

今年は琳派400年にちなんで京焼・清水焼の特集企画ブースが設けられています。

その中のひとつ、俊山窯の展示には、弊社の脚付杯(大)が使用されています。

金彩を多用した美しい器に脚付杯の色合いが華を添え、艶やかで上品なセッティングです。

トレーや小物もとても素敵でした。

 

2.「2014年度テーブルウェア大賞 大賞・経済産業大臣賞受賞者コラボレーション」

DSC_1662

昨年のテーブルウェア大賞で経済産業大臣賞を受賞した作品のコラボレーション企画です。

弊社の麦酒器Ⅰが使用されており、薩摩切子の華やかな色合いがコーディネイトの差し色となっています。

麦酒器のモダンなフォルムやぼかしの表現は、和洋を問わず様々なスタイルにマッチします。

 

テーブルウェア・フェスティバル2015は、2月9日まで東京ドームで開催されています。

入場料金や開場時間等の詳細は、テーブルウェア・フェスティバル2015のホームページをご参照ください。

外部リンク  http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

 

薩摩切子製作体験「こども講座」が開催されました

7月26日(土)、「こども講座」が開催されました!

こども講座とは、一年に一回尚古集成館主催で開催される、小中学生向けの薩摩切子製作体験のことです。

普段は定められたエリアから工場を見学することしか出来ませんが、この日ばかりは工場の中に入って、色被せガラスのカットを体験することが出来ます。

今年は応募者の中から、小学校4年生~中学校3年生の24名のお子様達に参加して頂きました。

 

尚古集成館で薩摩切子についての説明を聞いた後、工場へ移動し生地成形の見学。

その後、いよいよカット体験のスタートです!

どのようにして薩摩切子が作られるのか説明を受け、担当の職人に手ほどきを受けながらカットしていきます。

 

DSC_0907  DSC_1050

小皿の底面に、当たり(分割線)に沿ってカットを施します。

その姿はまさに職人そのもの。

 

DSC_0950  DSC_1084

カットを終えると磨きを行います。

木盤磨き、ブラシ磨き、バフ磨きといった、薩摩切子の製作と同様の作業を行います。

 

DSC_1121  DSC_1146

最後に名入れを行います。

最初は恐る恐るカットしていた子ども達も、世界に一つだけの小皿にとても満足気でした。

きっと夏休みの良い想い出になったのではないでしょうか。

テーブルウェア・フェスティバル2014レポート

テーブルウェア・フェスティバル2014がいよいよスタートいたしました。

 

島津薩摩切子は今回初めて「煌きの食卓~ガラス&クリスタル」に出展しています。

DSC_0147ゲートをくぐると正面に輝く黄色のペンダント照明が一際輝いています。

その輝きを受けて、左にあるクリアの作品も虹色の輝きを放ちます。

薩摩切子は金赤のイメージが強いですが、黄色の美しさに感嘆の声が上がっています。

また、島津薩摩切子になじみの薄いお客様は二色被せを初めてご覧になる方も多く、その美しさに目を奪われているようです。

右手にはワインやスパークリングワインの試飲コーナー(有料)もあり、弊社から提供した麦酒器Ⅰでシャンパンを楽しむ姿も見受けられました。

DSC_0436

2月3日には11:00よりアリーナスタジオにて切子職人・中根櫻龜によるトークイベントが開催されました。薩摩切子誕生から復元までのエピソードや、薩摩切子をお使いになる際のワンポイントアドバイスなど、多くのお客様が熱心に耳を傾けていました。

DSC_0126

鹿児島県のブースでは島津薩摩切子の販売も行っています。関東地区ではこの会場でしか手に入らない切子雛をはじめとする数量限定品は、規定数量完売時点で販売終了となりますので、悪しからずご了承ください。

 

テーブルウェア・フェスティバル2014は東京ドームにて2月10日まで開催しています。

詳しくは下記URLまで

http://www.satsumakiriko.co.jp/information/index.php/archives/411

 

 

3 / 1512345...10...最後 »