「見て、触れて、味わう!薩摩切子でお食事ツアー」開催

5月10日、島津薩摩切子復元30周年記念事業の一つとして、

「見て、触れて、味わう!薩摩切子でお食事ツアー」を開催致しました。

 

まずは工場見学。

通常は基本的に自由見学となっており、お客様は都合の良い時間にお越し頂き、見学者通路から御覧頂きます。

今回のツアーに関しましては、弊社スタッフが製造工程等を解説しながらご見学頂きました。また、加工工程(カットや磨き)については、工房の中へお入り頂き、カット機の横で製造の様子を御覧頂きました。

工場に併設しているギャラリーショップ“磯工芸館”では、実際に商品を御覧頂いたり、手に取って感じて頂きながら、薩摩切子の誕生や復元の道程、薩摩切子の特長などについて解説いたしました。

 

その後、『明治日本の産業革命遺産』の構成資産の一つとなっている尚古集成館や反射炉を横目に見ながら、お食事会場となる桜華亭へ。

切子膳1

器の一部に薩摩切子を使用し、仙巌園総料理長による「地産地消と薩摩切子の融合」をテーマにしたお料理をお召し上がり頂きました。

 

ご参加頂いたお客様からは、

「工房の中に入ることが出来て、来た甲斐があった」

「食事しながら桜島が眺められて最高だった」

といった感想を頂きました。

お食事中はお客様同士のお話も弾み、ツアーは和やかに終了いたしました。

 

次回の開催は8月9日(日)を予定しております。

仙巌園にお越しの際は、ツアーへのご参加もご検討いただきますようお願い申し上げます。

 

料金;4,000円(税・入園料込)(お子様3,500円、年間パスポート会員3,000円)

定員;20名(予約制)

予約受付締切;開催日の3日前(木曜日)まで

予約申込先;仙巌園 ℡099-247-1551