テーブルウェア・フェスティバル2015レポート

今年もテーブルウェア・フェスティバルの季節がやって参りました。

弊社は、鹿児島県が出展している「用と美を誇るかごしまの工芸品」のブースで販売しており、本格的な出店は今年が3年目になります。

DSC_1311

昨年御好評頂いた「煌きの食卓」での展示内容をベースにしております。黄色をセンターに、両脇にはベースとなる6色(麦酒器で表現)、二色被せ(ルリ金・蒼黄緑)に加え、日本人の心に馴染みのある藍色を配しました。

ここでは展示だけでなく販売も行っております。展示しているアイテムの異なる色もご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

テーブルウェア・フェスティバルの会場においては、通常関東地区で販売していない商品もご用意しております。

①切子雛…オブジェ風の飽きのこないデザインが人気です。

②脚付タンブラー島津紫…2014年度30点限定の商品で、今回が関東地区最後の販売です。

③梅吉Ⅱ…毎年好評頂いている二色被せの盃です。今年からデザインが変わりました。

(梅吉Ⅱは完売しました)

 

2月2日には、薩摩切子作家・中根櫻龜によるアリーナスタジオトークイベントも開催されました。薩摩切子復元にまつわるエピソードから実際に薩摩切子を使用する際の一言アドバイス、復元30周年に向けてのお知らせなど話は多岐にわたり、沢山の方々にお越し頂きました。

30分という限られた時間ではございましたが、島津薩摩切子のことを知っていただく良い機会だったのではないかと存じます。

 

なお、今年は鹿児島県のブース以外の展示にも弊社のアイテムを貸出しています。

 

1.「琳派400年の系譜と新時代の京焼・清水焼」

DSC_1339

今年は琳派400年にちなんで京焼・清水焼の特集企画ブースが設けられています。

その中のひとつ、俊山窯の展示には、弊社の脚付杯(大)が使用されています。

金彩を多用した美しい器に脚付杯の色合いが華を添え、艶やかで上品なセッティングです。

トレーや小物もとても素敵でした。

 

2.「2014年度テーブルウェア大賞 大賞・経済産業大臣賞受賞者コラボレーション」

DSC_1662

昨年のテーブルウェア大賞で経済産業大臣賞を受賞した作品のコラボレーション企画です。

弊社の麦酒器Ⅰが使用されており、薩摩切子の華やかな色合いがコーディネイトの差し色となっています。

麦酒器のモダンなフォルムやぼかしの表現は、和洋を問わず様々なスタイルにマッチします。

 

テーブルウェア・フェスティバル2015は、2月9日まで東京ドームで開催されています。

入場料金や開場時間等の詳細は、テーブルウェア・フェスティバル2015のホームページをご参照ください。

外部リンク  http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/