テーブルウェア・フェスティバル2014レポート

テーブルウェア・フェスティバル2014がいよいよスタートいたしました。

 

島津薩摩切子は今回初めて「煌きの食卓~ガラス&クリスタル」に出展しています。

DSC_0147ゲートをくぐると正面に輝く黄色のペンダント照明が一際輝いています。

その輝きを受けて、左にあるクリアの作品も虹色の輝きを放ちます。

薩摩切子は金赤のイメージが強いですが、黄色の美しさに感嘆の声が上がっています。

また、島津薩摩切子になじみの薄いお客様は二色被せを初めてご覧になる方も多く、その美しさに目を奪われているようです。

右手にはワインやスパークリングワインの試飲コーナー(有料)もあり、弊社から提供した麦酒器Ⅰでシャンパンを楽しむ姿も見受けられました。

DSC_0436

2月3日には11:00よりアリーナスタジオにて切子職人・中根櫻龜によるトークイベントが開催されました。薩摩切子誕生から復元までのエピソードや、薩摩切子をお使いになる際のワンポイントアドバイスなど、多くのお客様が熱心に耳を傾けていました。

DSC_0126

鹿児島県のブースでは島津薩摩切子の販売も行っています。関東地区ではこの会場でしか手に入らない切子雛をはじめとする数量限定品は、規定数量完売時点で販売終了となりますので、悪しからずご了承ください。

 

テーブルウェア・フェスティバル2014は東京ドームにて2月10日まで開催しています。

詳しくは下記URLまで

http://www.satsumakiriko.co.jp/information/index.php/archives/411