色のひみつ  その⑤

色とりどりの島津薩摩切子のなかで最も人気の高い色、金赤。
今回は、その金赤についてご紹介いたします!

金赤は、その名のとおり金を使って発色する赤色です。
光にかざしたときの輝きは随一で、とても華やかな印象を受けます。

実はこの色、「幻の金赤」と呼ばれているのです!
なぜかと言いますと、幕末、薩摩切子が生まれた時代の文献に「銅や金を使って赤色を発色した」という記述が残っているからです。
銅を使って発色した赤色とは紅色のことで、今でも少なからず残っています。
しかし、金を使った赤色の薩摩切子は未だ発見されていないのです。
とてもロマンをかきたてられる色ですね!

薩摩切子の繊細なカッティングが映える色ですので、是非一度お手に取られて見て下さい♪