切子館にて、島津紫フェアー開催中!!

仙巌園内の直営店、切子館におきまして、本日から8月31日まで『島津紫フェアー』を開催いたします!

お客様にもファンの多い島津紫は、真夏の暑い日差しにも負けず、むしろ輝きを増すパワーを持つあでやかな色です。
その魅力を存分に感じていただこう!ということで始まったこのフェアー。

大花瓶『紫晃扇舞(しこうせんぶ)』や復元逸品『ちろり』などの名品や、日々のくらしの中でお使いいただけるグラス類など、多様なアイテムが揃います。

実は島津紫、美しいだけでなく、素敵なエピソードから開発された色なのです♪
薩摩切子の生みの親である島津斉彬は、薩摩焼の職人に紫色の釉薬を使った抹茶椀を作らせたほど、とても紫色がお好きでした。
そこで薩摩ガラス工芸では、薩摩切子復元20周年を迎えた2005年、金を使った鮮やかな紫色の開発に取り組みました。
斉彬が愛してやまなかった紫色に負けないような美しい紫色をガラスで表現したいー…
そんな職人たちの熱意によって、やっと誕生したのが島津紫なのです。

今や男女問わず、多くの方から愛される島津紫。
皆様も、この機会に切子館に足をお運び下さいませ♪

問い合わせ先: 切子館 (099)247-1551(仙巌園代表番号)