薩摩切子工場探検記!VO.4 ~磨き編~

薩摩切子の製造工程を追う、第4回。
前回までの記事はコチラ⇒
VO・1
VO・2
VO・3

今回は、最後の仕上げともいえる「磨き」の作業をお伝えします!

カットを終えた薩摩切子は、このままではきらきらとしたクリスタルガラスの輝きを放ちません。
これから行う「磨き」によって、その輝きが生み出されるのです。

まず行うのが、青桐でできた円盤やセリウム盤を使う「木盤磨き」。�
円盤を回転させ、水でペースト状にした磨き粉をつけながら、線や面の部分をひとつひとつ磨いていきます。

さらに、竹の繊維でできた円盤を使い、さらに細かいカットした部分を磨きます(「ブラシ磨き」)。

最後は、「バフ仕上げ」。
布製の円盤を回転させ、水で溶いた艶粉をつけながら表面のくもりをとり、鏡面に仕上げていきます。

磨きすぎると摩擦熱が発生し、割れてしまう可能性もあるため、慎重に作業を進めなければなりません。
ここで失敗してしまうと、これまでの苦労がすべて水の泡。
磨きの職人には、プレッシャーが大きくのしかかっているのです。

磨きあがった薩摩切子がこちら♪

これで完成!!…と思いきや、実はまだ完成ではありません。
薩摩切子が店頭に並ぶまでには、もう一つ、通らなくてはならない大きな関門があるのです。

次回お伝えするのは、検査室の模様。
通常目にすることのできない、その風景を特別にご案内したいと思います!
 

★薩摩ガラス工芸では、生地成形とカットの製造工程見学が可能です。
工場内は自由見学となっており、営業時間内であれば予約不要でどなたでも自由にご覧いただけますので、どうぞお越しくださいませ。
→詳細はコチラ!