二色被せの魅力~カット編~

二色被せの魅力についてお伝えする第二回!
今回は、そのカットについてご案内したいと思います。

さて、下の2枚の画像をよ~く見てみて下さい。
上が復元品の猪口。下側が二色被せの猪口です。

復元猪口(大)C-18

新作二色猪口(大)C-206色彩の違いはもちろんですが、カットの雰囲気も全く違うと思われませんか?

細やかな幾何学模様が彫られた復元品に対し、二色被せはゆるやかで曲線的なのです。

実はこちらのカッティング、二色被せの開発にあたって新たに考案されたもの。
二色被せの色彩を生かすため、従来のカットよりも柔らかで表情のあるカット文様を生み出しました。

鮮烈な色彩と柔らかなカッティングが織りなす、これまでの枠にとらわれない新たな薩摩切子。
多くの可能性を秘めた二色被せの美しさを引き出すため、職人たちの挑戦はまだまだ続いています。